あなたの仕事をスピードアップさせます!効率アップの文房具サイト

>

何度も書いて消せてスマホに連動できる未来のノート

電子ペンかスマートノートか

スマートノートの前に似たようなものがあったなぁと考えてみた。電子ペンと言って専用ノートで文字や絵を書く類のものだ。
こちらは専用ノートが必要なところは変わらないが、スマートノートはペンが電子ではなくフリクションだ。
フリクションで書いた後DropBoxなどのアプリへデータを送信することができる。データを送信できるところはどちらも変わらない。

でもやはり紙という媒体に書きたい欲望があり、その点ではスマートノートが今のところ勝っている気がする。
フリクションが乾くのに1~2分かかるし、そのあとウェットティッシュで消さなければならないが、やはり本体の重さは軽いに限る。
合理的に考えるならば、手間がかからない電子ペンは非常に良い。しかしノートとセットで使わないといけない。

究極の選択ではどうなのか

じゃあ、iPadとApplePencilで全部事足りるじゃないかとお考えかもしれない。
筆者の場合で言うと、前述したが、紙でないものにペンでなぞって書くとき画面に当たる音が嫌いである。気にしないでおこうと思うのだが…。
最近はだいぶデジタル署名が増えてきて段々気にならなくなってきたので、慣れかもしれない。

そして何より問題なのが重いことだ。普段から重いものをお持ちなら気にならないかもしれないが、重いものに重いものを足してしまうとやはり重い。
腕が疲れてしまうと手にも疲れが響いてくるので、おススメできない。
メモ機能で検討されている場合はスマートノートより費用がかかる。画面に当たるApplePencilを紙のような書き味に仕上げるフィルムも売ってるのでさらに費用がかかる!

やはりアプリへ保存もできてあまり費用がかからないスマートノートがよさそうだ。


この記事をシェアする